Motor Fan illustrated(モーターファンイラストレーテッド) Vol.74 電子版

特集「カッコいいの作り方 エンジニアが知っておくべき21世紀的デザインプロセス」

  • 発売日:2012.11.15
  • 総ページ数:108p
  • 出版社:三栄
  • 定期発売日:毎月15日発売

販売価格 1,700

カートに追加

電子ブック内容

エンジン、トランスミッション、と自動車のメカニカルな側面から特集を組むことの多いMFiですが、Vol.74で取り上げるのは「カーデザイン」。

カーデザインを技術的側面から見るためにMFiが注目したのは、デザイナーのツール。
マーカー、インダストリアル・クレイ、CADのCATIA、この3つをデザイナーやモデラーはいかように使いこなしているのか?
意外と知らない各ツールの基礎知識に、クレイモデリングの工程やCATIAのスケッチプロセスも併せて読むと、明日から自分でもできそうな気がすること請け合いです。

 


そして、2012年の国産新車を基軸に、カーデザイナーの主張とデザインプロセスについて触れます。
取り上げる車両はマツダ・アテンザと日産ノート。
アイデアスケッチから完成車両への変遷をお楽しみください。

さらに、近年登場した車両の中からエポックメーキングな車両を取り上げ、MFiのライター陣が解説しています。フェラーリFF、レンジローバー・イヴォーク、シトロエンDS5、ボルボS60、日産ジュークなどの個性的な車両群にMFi的な見方が加わるとどういう論旨が展開されるのか?
さらにリクリエイションカーの可能性ついて福野礼一郎が提議しています。

最後はデザインを数字で見ることはできるのか?
MFiが独自に編み出した指数をもとに、現行車両を見てみると…カーデザインの意外な発見があります。

特集以外で特に注目なのは、モータースポーツテクノロジー。
WECに登場したLMP1 & LMP2の「バルクヘッド」だけをピックアップ。
バルクヘッドを見れば、車両全体の技術コンセプトが透けて見えるという新しい見方は一読の価値ありです。

日独仏の自動車技術開発最前線ではヴァレオ、ZF、コンティネンタル、日産の最新技術情報を取り上げています、
他にも、ホンダ・フィットEV、三菱アウトランダー、BMW3シリーズ、デンソーのカーナビなどの技術情報満載です。

Vol.73から始まったMFi初の読者参加型企画“Formula MFi” by国政久郎では、読者が設計したフォーミュラカー第1号が登場。
バイクとフォーミュラカーとをコラボレーションさせた車両とは一体…?

7 MF eye
8 MFi Driving Report
12 MFi Technical Report
14 福野礼一郎 ニューカー二番搾り
18 Be Creatve! Formula MFi
20 デザイン・チュートリアル
22 畑村耕一 博士のエンジン手帖
24 Bird View 自動車鳥瞰図
26 カッコいいの作り方
28 イントロダクション
30 chapter 01 : デザイナーの主張
30 マツダ・アテンザ
36 日産ノート
40 マーカー
44 インダストリアル・クレイ
46 中川七三一インタビュー
48 クレイの使い方
50 CAD
54 chapter 03 : 最新車両デザイン解説
54 フェラーリFF
56 日産ジューク
58 シトロエンDS5
60 レンジローバー・イヴォーク
62 ボルボS60
64 Suggestion
68 chapter 04 : デザイン数値分析
72 Motorsport Technoalogy WEC/Le Mans
82 日独仏最新テクノロジー
83 Valeo
86 ZF
90 コンティネンタル・オートモーティブ
92 日産
96 SUPERCAR CHRONICLE
102 バックナンバーのご案内
104 MFi 読者プレゼント/定期購読申込&バックナンバー取り扱い店のご案内
106 次号予告

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

ASBの電子ブックについて

電子ブックは紙の雑誌(紙版)と基本的に同じ物ですが、付録が付かない、読者プレゼントに応募できないなど、一部内容が異なる場合があります。バックナンバーは、紙版発売当時の記事が掲載されています。現在の情報とは異なる場合があります。一部原本からスキャニングしたページには、多少の汚れなどがあります。発売後、内容の一部もしくは全てを更新することがあります。あらかじめご了承ください。

※紙版をお求めの際はお近くの書店、または三栄書房オンライン<http://www.sun-a.com/>までお問い合わせください。